離婚と親権問題

離婚をする際にもし子供がいたら話がややこしくなってしまいます。子供の親権をどちらが持つのかを考えなければいけないからです。未成年の子供というのは親が養育する義務があります。また、子供の財産を管理する権利も親にはあります。しかし、離婚をすると親はそれぞれ別々の暮らしをすることになります。その際には親のどちらかに親権が生じるのです。

離婚ただし、子供が複数いる場合にはそれぞれの子供についてどちらが親権を持つのか決めることになります。そのため、離婚によって兄弟姉妹がそれぞれ別々に引き取られていくというケースも珍しくはないのです。もちろん、子供が複数人いたとしても、子供全員の親権を1人の親が持つというケースもあります

日本では離婚のほとんどは協議離婚となっています。これは夫婦が話し合いによって離婚をすることです。離婚届を提出することになるのですが、そのときに未成年の子供がいるならば、親権者を決めなければいけません。この真剣が問題となって協議離婚がまとまらないというケースが生じるのです。この場合は家庭裁判所によって調停離婚をすることになります。それでも解決しない場合には離婚裁判をすることになるのです。

こちらでは離婚の際に生じる親権問題について解説します。親権問題をどのように解決することができるのか、またその際に弁護士がどのように役立つのかを教えましょう。離婚をする夫婦にとって親権問題はとても大きいです。これを解決するための参考にしてください。