弁護士への相談

弁護士バッチ離婚の親権問題では弁護士を活用するメリットがたくさんあります。気軽に弁護士に相談してみると良いでしょう。

弁護士に相談することによって親権取得が有利となるでしょう。親権を取るためにどのようにすれば有利になるのかを弁護士は熟知しているためです。また、手続きを任せることができます。スムーズに手続きを進めることができるのです。仕事で忙しい方にとっては弁護士はとても便利な存在です。

離婚調停の際に調査官がどのような点を重視しているのか弁護士は理解しています。そのため、調査官に対して有利となるような材料を弁護士は集めてくれます。どのような対策を採っておけば、親権獲得に有利となるのかアドバイスをしてくれるでしょう。

また、親権の獲得ができなかったとしても、面会交流権を認めさせることはできます。その際にも弁護士がいると有利となるでしょう。場合によっては相手の方が一生子供に会わないでほしいと望んでくることがあるのです。それを避けるためにも弁護士の力を借りて、最低限面会交流権を認めさせることを期待できるでしょう。

親権には監護権と財産管理権の2つがあります。普通はこの2つを分けないのですが、場合によっては分けることもあります。弁護士がいれば監護権だけでも獲得ができるようになるかもしれません。

関連リンク>>>http://www.oharalaw.jp/accident/
親権問題や離婚問題について相談を行っている小原法律特許事務所です。

親権問題の解決法

もし話し合いで親権問題を解決できない場合には離婚調停をすることになります。こちらは家庭裁判所に申し立てをします。そして何度か調停が行われるのです。1ヶ月に1回のペースで調停は進んでいきます。基本的には3回程度で終了することが多いでしょう

離婚問題調停においては子供の幸せが重視されます。父母のどちらに親権がある方が子供にとって幸せとなるのかを考えるのです。それを見極めるためにさまざまな項目が検討されます。たとえば子供に対する愛情です。これまでの養育状況や子供と過ごす時間などからどちらの方が愛情を持って子供に接しているのかを判断されます。子供の年齢や子供の意思、さらには経済力も重視されるでしょう。また、心身の健康も重要です。

基本的に日本では母親が親権を持つケースが多いです。8割以上が母親が親権を持つというケースとなっています。それでも絶対に親権は母親が持つとは限りません。たとえば別居していて父親が子供と同居しているようであれば、父親の方が有利となるでしょう。他にもさまざまな点を考慮されて客観的な判断が下されるのです。

調停が成立しないならば、最終的には裁判をすることになります。この場合は裁判所に判断を委ねることになります。

離婚と親権問題

離婚をする際にもし子供がいたら話がややこしくなってしまいます。子供の親権をどちらが持つのかを考えなければいけないからです。未成年の子供というのは親が養育する義務があります。また、子供の財産を管理する権利も親にはあります。しかし、離婚をすると親はそれぞれ別々の暮らしをすることになります。その際には親のどちらかに親権が生じるのです。

離婚ただし、子供が複数いる場合にはそれぞれの子供についてどちらが親権を持つのか決めることになります。そのため、離婚によって兄弟姉妹がそれぞれ別々に引き取られていくというケースも珍しくはないのです。もちろん、子供が複数人いたとしても、子供全員の親権を1人の親が持つというケースもあります

日本では離婚のほとんどは協議離婚となっています。これは夫婦が話し合いによって離婚をすることです。離婚届を提出することになるのですが、そのときに未成年の子供がいるならば、親権者を決めなければいけません。この真剣が問題となって協議離婚がまとまらないというケースが生じるのです。この場合は家庭裁判所によって調停離婚をすることになります。それでも解決しない場合には離婚裁判をすることになるのです。

こちらでは離婚の際に生じる親権問題について解説します。親権問題をどのように解決することができるのか、またその際に弁護士がどのように役立つのかを教えましょう。離婚をする夫婦にとって親権問題はとても大きいです。これを解決するための参考にしてください。