弁護士への相談

弁護士バッチ離婚の親権問題では弁護士を活用するメリットがたくさんあります。気軽に弁護士に相談してみると良いでしょう。

弁護士に相談することによって親権取得が有利となるでしょう。親権を取るためにどのようにすれば有利になるのかを弁護士は熟知しているためです。また、手続きを任せることができます。スムーズに手続きを進めることができるのです。仕事で忙しい方にとっては弁護士はとても便利な存在です。

離婚調停の際に調査官がどのような点を重視しているのか弁護士は理解しています。そのため、調査官に対して有利となるような材料を弁護士は集めてくれます。どのような対策を採っておけば、親権獲得に有利となるのかアドバイスをしてくれるでしょう。

また、親権の獲得ができなかったとしても、面会交流権を認めさせることはできます。その際にも弁護士がいると有利となるでしょう。場合によっては相手の方が一生子供に会わないでほしいと望んでくることがあるのです。それを避けるためにも弁護士の力を借りて、最低限面会交流権を認めさせることを期待できるでしょう。

親権には監護権と財産管理権の2つがあります。普通はこの2つを分けないのですが、場合によっては分けることもあります。弁護士がいれば監護権だけでも獲得ができるようになるかもしれません。

関連リンク>>>http://www.oharalaw.jp/accident/
親権問題や離婚問題について相談を行っている小原法律特許事務所です。